おまとめローンでは仮審査に通らないと先に進むことはできません

ローンを申し込むと審査はあるのは知っているが、仮審査は初めて問いた、という人は少なくありません。普通のローンであれば仮審査はほとんど行われないのですが、おまとめローンは、今ある借金・ローンを一括返済するために別のローンを借りることになるので、貸し倒れにならないように、より慎重に審査をする必要があるからです。
仮審査に特有の審査内容には、申し込みしてきた人の素性の確認と利用資格があるかどうかの確認、個人信用情報機関への事故情報の問い合わせです。

 

この2つの審査は平行して行われますが、利用資格の判断には個人信用情報の調査結果も反映されるので、結果的にはそちらの調査給果がでてから仮審査の結果を決めることになります。

 

おまとめローンで行われている仮審査の審査項目は金融機関ごとに定められていますが、共通の審査項目として、申し込みした人の年齢、年収、定期収入の有無があります。

 

まず年齢ですが、未成年者はどこの金融機関も不可としており、成年であることが必須です。また利用できる年齢には上限を設定しており、高齢者は基本的に不可としています。具体的な年齢としては、65歳までとしている金融機関が多くみられます。

 

次に年収です。全く収入がないのは論外ですが、300万円以上としている業者が多く、銀行系になると400万円以上も見られます。そしてその収入が定期的にあることも必須時要件となっています。

 

一時的な収入しかない状況だと、毎月返済していかなくてはいけないおまとめローンでは、返済能力を不安視されるからです。年齢と年収、定期収入、この3つの条件をクリアすることが必須です。

スポンサードリンク